ED治療薬としてよく知られているバイアグラですが、副作用が多いことでも結構有名ですよね。

 

そこで、今回はバイアグラの副作用と注意点を調べたのでまとめてみました。

 

バイアグラで起こりやすい副作用には、ほてり、紅潮、頭痛があります。

そのほか、

 

動悸、息切れ、喉が乾く、消化不良、吐き気、鼻炎、筋肉痛、発疹などもごくわずかな頻度で起こるようです。

 

問題となる重篤な副作用としては、不整脈、むくみ、高血圧、けいれん、記憶力低下、不眠症、不安、嘔吐、下痢、失神、心筋梗塞、前立腺疾患などがありますが、それ以外にも書ききれないほど副作用がありました。

 

重篤な副作用の発生頻度は0.1%未満としてバイアグラ承認時の臨床試験の資料に記載されていますが、「心筋梗塞」となると、ちょっと怖いですよね。

 

でも、バイアグラも医薬品として承認されるくらいなので、注意して服用すれば、EDの改善ができる薬です。

 

では、どんなことに注意するのかというと、いわゆる一般的に健康な男性であれば用法、用量を守れば、まず命に関わるような副作用のリスクはほとんどありません。

 

注意するのは、持病のある人、処方された薬を飲んでいる人です。

 

バイアグラは飲み合わせに注意する必要がある薬で、注意すべき薬はご紹介しきれないほどたくさんあるからです。

 

飲みたい場合は、薬を処方した医師に併用しても良いか必ず確認しましょう。

 

また、高血圧や心臓病の持病がある方も、たいがい薬を飲まれているかと思いますので、医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

このように、注意するべきところに気をつければ、大丈夫なのです。

 

でも、持病があって、医師からバイアグラは飲むなと言われた場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

そんな時は、わざわざ命に関わるリスクのあるバイアグラを選ばず、天然ハーブや生薬を使った精力アップサプリを選ぶようにしましょう。

 

それならバイアグラのような副作用はほとんどないので、気軽に試すことができます。

心配な場合は、医師にサプリを飲んでもいいか確認すると、より安心でしょう。

 

◆精力アップサプリはいろいろありますが病気の方でも安心なのは、チョリチョリロンロンです。

アルギニン、マカなど良い成分が豊富なので自然な感じで精力サポートになります。
詳しい情報はこちら→チョリチョリロンロンの口コミ評価レビュー!精力をサポートの噂は本当?