ED・勃起不全の改善や予防をするにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

 

ここでは一番身近な「食事」や「生活習慣」での改善法や予防法をご紹介しましょう。

 

まず、あるクリニックの医師の話によると、EDが起こるということは、生活習慣病の自覚症状が現れてきているということなのだそうですよ。

 

つまり、生活習慣病の初期症状がEDだというわけなんですね。

 

生活習慣病というと、糖尿病、高血圧、脂質異常症が代表的ですよね。

 

こういった病気は運動不足や食生活、生活習慣の乱れが原因で起こり、

ドロドロの血液が組織や血流を阻害して神経を障害して起こりますが、

性器に関して言えば、神経障害や血流が滞ると、勃起する指令が届かなくなってしまい、EDが起こってしまうのです。

 

これを改善したり予防するには、適度な運動と栄養バランスのとれた食生活を送ることです。

 

さらに、ストレスを解消し、睡眠を十分にとるのも有効です。

 

では具体的にどの程度の運動をすればいいのでしょうか。

 

高血圧や糖尿病の治療ガイドラインでは、1日30分程度の有酸素運動が推奨されています。

 

ハードな運動でなくても散歩程度のウォーキングでいいですし、

エレベーターを階段に変えるだけでも良いので意識して歩くようにしたいですね。

 

食事は、塩分に注意し、和食中心のものにしましょう。

 

ごはんや汁物から食べずに食物繊維の豊富な野菜から食べるのもちょっとしたコツですよ。
yasai2-150x150

 

基本的には、健康に良いとされることを実践していけば良いだけなので、

できることから継続してするのが大切ですね。