太りすぎるとED(イーディー)になりやすいて本当?運動すべき?

日本の社会一般の見方として世の男性諸氏は、“あの人太って貫禄が出たね”といいますね

しかし昔のひとは“過ぎたるは及ばざるがごとし”といいます。

過度の肥満はよい状態とは言えません。

あなたが気にされている通り肥満は“百害あって一利なし”、太りすぎは当然EDにも当てはまります。

EDとは『勃起機能の低下』を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。

勃起不全というと、完全に勃起ができない状態、と受け取りやすいですが、実はそうではありません。

勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で元気を無くしてしまったりして、満足のいく性交ができないと感じる人は、やはりEDの疑いがあります。

医学的には、「性交時に十分な勃起やその維持継続ができずに、相手はもちろんのこと、自分自身も満足な性交感が得られない状態」と定義されています。

EDは生活習慣に起因するか?

EDは年齢にも大きく影響を受けますが、日常生活においてもストレスや不規則な食生活などの生活習慣病が原因と言われています。

そして、生活習慣病には高血圧、糖尿病、脂質異常などがあげられ、肥満体の方に多く見られます。

生活習慣病は、以前は主に中年期に達した人々に発病する病で、総称して成人病と呼んでいましたが、いまは食生活に主な原因があるとされ、生活習慣病といいます。

生活習慣病はEDになりやすいか?

肥満は生活習慣病が原因と言われ、高血圧、糖尿病、動脈硬化を起こし、毛細管の障害は脳の性的興奮抑制につながり勃起を抑制してしまいます。

また動脈硬化は陰茎の海綿体に血液を送り込めないという障害を起こしEDの原因につながります。

あなたの肥満度BMIはいくらですか?

BMI=体重Kg÷(身長m×2)の式に現在の数字を挿入し計算してください。

貴男の肥満度が出ます。あなたのBMIはいくらでしたか?

日本ではBMI22が健康的な体重と言われており、BMI25以上なら肥満者と定義されます。

もしBMI30以上ならすでに男性ホルモンの低下によるED現象が顕れているか、これから現れるはずであり、肥満改善への努力が必要ですよ。

EDは肥満解消で改善するか?

EDは肥満と運動不足にも関係があり、肥満度10%の改善でBMI35の方が10%以上の状況改善がなされたという実験データーがあります。

当然EDの治療と予防には食生活の見直し、生活習慣の見直しも必要です。

また朝食前または夕食前の15~30分程度の散歩など、継続できる適度な運動を日常生活にとりいれ、健康で豊かな家庭を手に入れましょう。

もしあなたが夜の営みに自信が持てないでいるなら、「チョリチョリロンロン」はあなたの強い味方となってくれます。

チョリチョリロンロンは根気よく飲み続ける方にその良さをわかっていただけるサプリメントです。

詳しくは、「チョリチョリロンロン」のサイトを覗いてみてください。

「チョリチョリロンロン」で快適な生活を体感しましょう!!!

チョリチョリロンロンの口コミ評価レビュー!精力をサポートの噂は本当?

hU