ED・勃起不全は、ストレスでもなりやすいと言われています。

 

それはどうしてなのか、メカニズムについてご紹介していきたいと思います。

 

ストレスを言い換えると、医学的には「心因性」と言います。

 

心因性EDは大きく分けて2つあります。

 

日常生活において受けるストレスが原因でおこるものと、過去のトラウマなど深層心因によるものがあるんです。

まず、日常生活で受けるストレスについて説明しましょう。

 

これは、緊張・家庭や仕事でのトラブルです。

 

深層心因によるストレスは、性行為の失敗・トラウマなどが引き金となって、心に負荷がかかりるものです。

 

これらのストレスがあると、交感神経が緊張や興奮状態を持続させてしまいます。

 

男性の下半身が大きくなるのは、副交感神経が優位な時なので、ストレスにより交感神経の影響が大きくなると、

 

EDが起こりやすくなり、性行為に影響を与えてしまうのですね。

 

これがストレスによるEDのメカニズムです。

 

こういった心因性EDは、主に30代〜40代が多いとされています。

改善するには、ストレスの原因となっているものを取り除いてあげないとなかなか改善しないと言われています。

 

ただ、日常生活のストレスの場合は、原因についてある程度本人も自覚していることが多いので、心療内科や泌尿器科などのカウンセリングを受けて治療をすれば早期に改善が見込めます。

 

しかし、トラウマなどの場合は、原因も不明瞭なので改善に時間がかかることも多いと言われているようです。

 

ストレスが原因といってもこのように、どのようなことでストレスを感じているのかによってもEDの改善法が変わってきます。

 

原因がわからない場合は、一度受診してみるのもおすすめです。

 

なお、なお、仕事で疲れてすぎてストレスをうけているという場合には精力アップサプリなどでも十分改善が期待できます。

 

例えば、すっぽんより亜鉛の含有率が高くて男性ホルモンの分泌量アップで精力アップしたい人には、海乳EXがぴったりです。

 

あるいは、時間はかかってもリバウンドしない精力の回復を目指したい人には、精力剤GHプレミアムがおすすめです。

 

この2つの違いはこちら→海乳EXと精力剤GHプレミアムの違いと選び方