精力剤によく入っている成分の中に、トンカットアリというものがあります。

このトンカットアリは、ED・勃起不全にも効果が期待できるのはどうしてなのか、トンカットアリの作用メカニズムを調べてみました。

トンカットアリは、そもそもマレーシア原産でニガキ科のハーブの一種です。

インドネシア、ボルネオなどの熱帯雨林地域に自生していて、古くから、体力アップ、精力アップに良い天然ハーブとして利用されてきた経緯があります。

トンカットアリには、豊富なアミノ酸が含まれていますが、とくにアルギニンに注目したいですね。

アルギニンについて、もう少し詳しく説明すると、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進したり筋力をアップしたり、免疫力をアップさせる効果があります。

また、血管を拡張し、血流をよくする働きもあります。

成長ホルモンが増えると、男性ホルモンの合成が進むので、精力アップに期待できますよね。

また、筋力がアップすると、強度が高まりますし、免疫力が上がると、疲れにくくなります。

また、血流が良くなれば、下半身の増大にも期待できます。

このように男性機能を高めてくれるアルギニンが豊富に含まれているトンカットアリは、男性特有の悩みの解消に役立つというわけですね、

また、トンカットアリには疲労回復効果のあるビタミンB1、傷付いた筋肉の修復作用のあるバリン、ロイシン、イソロイシンも豊富に入っているので、働き盛りで忙しい男性から、加齢が気になる男性まで幅広く使えるのもメリットです。

◆トンカットアリも豊富でさらにクラチャダイムという精力アップになる成分も含むので元気にる!人気なのが、精力剤GHプレミアムです。
詳しい情報はこちら→精力剤GHプレミアムの口コミと効果
公式サイト↓
GHプレミアム