糖尿病だと勃起不全(ED)になりやすいのは本当?対策は?

現代人に急増する糖尿病。

糖尿病は、発症すると日々の生活にあらゆる制限が必要となるだけではなく、様々な合併症を引き起こすと言われています。

その合併症の中には、命に関する重大なものもあれば、男性にとってはとても辛い勃起不全(ED)も該当します。

では、糖尿病の合併症でなぜ勃起不全が起きるのでしょうか。

まず最初に糖尿病による勃起不全の確率をご覧ください。

男性糖尿病患者の3人から2人のうち1人の割合で勃起不全は発症していたと言うデータもあり、このデータをもとに計算すると、糖尿病患者の約8割近くの人が勃起不全を引き起こしていると言われています。

勃起不全をひき起こす理由としては、いくつかの要因が考えられます。

例えば、糖尿病によって神経回路に障害が生じる「神経障害勃起不全」や、糖尿病により動脈硬化が現れ、血流が低下することにより引き起こされる「動脈硬化勃起不全」です。

このように、糖尿病にはあらゆる合併症が存在するため、できるだけ早く糖尿病の元である高血糖を改善するのが一番の解決策となります。

高血糖には、空腹時に起こりやすい高血糖と食後の血糖値がなかなか下がらない隠れ高血糖の2種類がありますが、どちらの高血糖にも効果が高いと今話題を集めているのが機能性表示食品「アラプラス糖ダウン」です。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
この商品は、余分な糖をエネルギーにすることにより高血糖の予防と改善に役立ちますので、ぜひ試してみて下さい!

公式サイト↓